2019年11月08日

【JR稲田堤駅橋上駅舎化工事6・写真付き!】三つの角度からビルの解体風景を撮影してみましたが・・・2階通路真ん中の窓ガラスからが最も見やすいことが分かりました!

今晩は多少時間がありますので、通常
より早めに「JR稲田堤駅橋上駅舎化
工事」についての記事を更新します。

なにしろ、今日は仕事で稲田堤駅の
立川方面行きのホームを利用する
機会がありましてねえ。

南武線も時に利用するんです、私は。

朝一で駅の隣のビルの解体の風景を
撮影しました。↓

20191108_稲田堤駅橋上駅舎化1.jpg


いつもより見やすいでしょう?

やっぱり、朝に撮影すべきなんです
よねえ。

それがなかなかできないのが現実
なのですが・・・。

幸いなことに、今日は午後3時くらい
に稲田堤駅に戻ることができまして、
乗降客もさほど多くないことから、
人目を気にせず、解体されるビルの
風景を撮影できました。

立川方面行きのホームから上がって
2階の窓から撮影したのがこれです。↓

20191108_稲田堤駅橋上駅舎化2.jpg


以前にもこの角度から撮影して、
当ブログにアップしましたが、今日、
2階通路を歩いていて、思わぬ
「スポット」を見つけました!

それは、2階通路の真ん中あたり
でした。

稲田堤駅は駅舎自体が古いので、
未だに、風通しをよくするための
窓ガラスが2階通路にはたくさん
設けられています。

その窓ガラス、いつもであれば、
一瞥することもないのですが、
今日は人通りも少なかったので
ゆっくり歩いてなんとなく眺めて
いたら、「あっ!」と気付いた。

そこから撮影したのがこの一枚
です。↓

20191108_稲田堤駅橋上駅舎化3.jpg


太陽光の関係で、この一枚だけ
やや見づらいですが、どうですか?

だいぶ、ビルの解体が進んでいる
ことがこの角度だとよく分かります。

ただねえ、今日思ったのですが、この
ビル、解体した後の敷地はおそらく、
平らなままなんでしょうね。

というのも、現在の稲田堤駅の入口
から若干、ずれたところに立地されて
いますから。

解体されるビルのあたりがちょっと
した「入口広場」のようになるのでは
と思いました。

でないと、線路の向こうの稲田堤駅に
つなげられませんからね。

まあ、こうして、いろいろなことを
想像するのも楽しい作業です。

今後も追っていきたいと思います。



*稲田堤駅のキーホルダー、初めて
見ました! 欲しい! ↓







posted by あらやまはじめ at 22:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 稲田堤駅橋上駅舎化工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ ↓


神奈川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村