2020年01月13日

【JR稲田堤駅橋上駅舎化工事11・写真付き!】更地の整備をするかと思いきや、駐車場をつぶしてきた!・・・いやあ、駐輪場横まで敷地を広げるんですなあ、驚いた!

当ブログ的には「あけましておめでとう
ございます」ですね。

なにしろ、2週間ぶりの記事更新ですから。

昨年末、稲田堤駅前のビルが更地になった
ことは既にお伝えしました。

年明け、私の予想では、この更地をきれい
にするところから作業を開始するのでは
と予想しましたが・・・。

2週間ぶりに昨日、近くを通ったら、驚き
ました。

なんと、隣の駐車場に仮囲いをしている
ではありませんか! ↓

20200111_稲田堤駅橋上駅舎化2.jpg


これ、今から約2か月前の写真をご覧
頂きたい。↓

20191125_稲田堤駅橋上駅舎化3.jpg


仮囲いの前に車が止まっています。

この車が止まっている駐車場が今回、
仮囲いされました。

ということは、この駐車場もすべて
壊され、整備されるということです。

これは予想していませんでした。

この駐車場の手前には、まず壊せない
であろう駐輪場が控えています。

つまり、駐輪場の前までの敷地を
「駅前広場」のようにするんでしょう
なあ。

まあねえ、あの駐車場は、稲田堤駅が
橋上化すれば、確かに「無用の長物」
になることは否めず、つぶすことに
ついては賛成です。

しかし、あの駐車場をつぶすとなると、
「駅前広場」は案外、大きくなるんじゃ
ないですか。

あちら側から南武線に乗る住民の一人
としては、有難い。

つぶしたビルから、今回つぶす駐車場
までを更地にして、「駅前広場兼駅の
入口」にするとなると、南武線に乗る
際に、少なくとも2分は短縮できます。

なにしろ、あの手前の踏切のせいで、
2分は前に家を出なければなりません
でしたから。

たかが2分ですが、朝の2分は昼間の
20分に等しい。

戦場ですよ、はっきり言ってね。

最後に、踏切側からの写真を一枚掲載
しておきます。↓

20200111_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


ここからのアングル、今まで当ブログ
には掲載していないことに今更ながら
気付きました。

手前に「富士そば」が映っていますが、
これ、つい1年くらい前にできたもので、
かつては、老舗のすし屋が存在して
いました。

私も何度か行きましたが、「富士そば」は
やっぱり「富士そば」でして、何度も
行きたいとは思いませんが、なにより
廉価であることは、これまでの稲田堤
駅前のお店にはなかったことです。

個人的には、「富士そば」より京王稲田堤
駅寄りの「横浜家系ラーメン」屋の方が、
たまに行くにしてもいいと思っています。

若干高いですが、ライス無料ですし、
たまに行くなら、こってりしたものも
食べたいですよ。

毎日行くなら話は別ですが、私の場合、
2、3か月に一度行くか行かないかです
からね。

ここ最近、南武線を利用する機会が
減っています。

ちょっと、更新頻度が減るかもしれません
が、折を見て、記事にしたいと思って
いますので、次回もどうぞ、お楽しみに!



*興味深い一冊です! ↓






posted by あらやまはじめ at 22:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | 稲田堤駅橋上駅舎化工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ ↓


神奈川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村