2019年09月29日

【JR稲田堤駅橋上駅舎化工事3・写真付き!】ビルの4階と5階のあたりが解体されているのが、外側から見ても分かります・・・1ヶ月でここまで進みましたか!

ここ1ヶ月ほど、南武線の稲田堤駅
ではなく、京王線の京王稲田堤駅を
使う機会が多く、当ブログの【JR
稲田堤駅橋上駅舎化工事】シリーズ
の記事更新も約1ヶ月ぶりとなり
ました。

今日は、歩いて稲田堤駅付近へ
買い物に行きましたので、ちょっと
見てきましたよ。

そしたら、現在、駅前のビルが
こんな風になっていることが
分かりました。↓

20190929_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


ちなみに1ヶ月前はこうでした。↓

20190823_稲田堤駅橋上駅舎化下からの写真.jpg


下の写真はちょっと見づらいですが、
左側のビルはまだ全体にメッシュ
(カバー)がかかっています。

ところが1ヶ月経った上の写真では
ビルの4階と5階のあたりのメッシュ
が取れて、中の様子が伺えます。

既にここまで解体が進んでいたん
ですなあ!

2週間くらい前にチラッと見た時に、
敷地内にデカいラフターが止まって
いるのは見ましたが・・・。↓

20190917_稲田堤駅橋上化工事_ラフター.jpg


あの敷地の狭さではラフターが1台
入ると、ビル解体に伴い発生する
瓦礫を乗せるトラックも1台止める
のがやっとでしょう。

当然、何台かトラックをローテーション
で回しているのでしょうが、その前の
道路も一方通行で狭く、また駅前の
自転車置き場もありますから、歩行者
だけでなく、自転車の量も多い。

作業をする側としては相当苦心している
であろうことが想像できます。

それでも1ヶ月でここまで解体が進んで
いるのですから、とりあえず、順調と
言っていいのではないでしょうか。

ビルの解体だけで1年くらいかかるよう
ですが、安全面を考えれば仕方がない。

早く作ろうとして、無理に進めれば
事故も起きかねませんしね。

長い目で見ようではありませんか!




*こういうビルはどうやって解体する
んでしょうね? ↓







posted by あらやまはじめ at 17:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 稲田堤駅橋上駅舎化工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ ↓


神奈川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村