2020年10月09日

【JR稲田堤駅橋上駅舎化工事22・写真付き!】一月半経って、南東部は打設が進み、南西部は土を盛って、全面に鉄板が敷かれました!・・・形になってきているのはうれしいですね!

ああ、もう、前回の記事更新から一月半も
経ってしまいました。

その間、JR稲田堤駅の橋上駅舎化工事の
進捗具合はどうなったのか?

思えば、その間、JR稲田堤駅をあまり利用
する機会がありませんでした。

ようやく、先日、利用する機会に恵まれ、
チェックしたところ、南東部の工事が想像
以上に進んでいることが分かりました。

まずは、8月末の南東部の様子を確認して
みましょう。↓

20200830_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


まだ、足場が組まれ、大きな型枠が組まれて
いるのが見えます。

ところが、一昨日、チェックしたら、こう
なっていました。↓

20201007_稲田堤駅橋上駅舎化2.jpg


打設がこんなに進んでいたとは・・・。

驚きましたよ。

一月半前と比べれば、コンクリートの
部分が高くなっているのが一目瞭然です。

南東部に関しては、いわゆる「基礎工事」
はほぼ終わったと言っていいでしょう。

あとは、橋上駅舎化のために、ここに階段
なり、エスカレーターなり、エレベーター
なりを付ける作業に入るはずです。

これも、相当時間がかかるとは思いますが。

続いて、南西部です。

まずは、9月初旬の状態を確認してみま
しょう。↓

20200902_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


大きなトラックが土を運んでいる様子が
伝わってきます。

そして、9月中旬はこうでした。↓

20200916_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


ユンボが土をならしています。

そして、一昨日見たら、こうなって
いました。↓

20201007_稲田堤駅橋上駅舎化.jpg


足場組みが解体されて、盛った土の上、
全面に鉄板が敷かれました。

これが何を意味するのか。

今後、ここから南東部へ、先に申した
階段や資材を順次運ぶことになるという
ことです。

各種資材は相当重いでしょうから、ここ
まで土を盛って、鉄板を敷かなければ
地盤沈下を招きかねない。

形になってきましたよ!

今後の工事の成り行きが見えてきたのは
うれしいですね!

また、来月にでも続きを記したいと思います。




*実に面白い一冊でした! 明日以降、書評を
書きます! ↓





posted by あらやまはじめ at 12:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | 稲田堤駅橋上駅舎化工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ ↓


神奈川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村